年齢を偽っての登録が発覚した時のペナルティとは

オンラインカジノは誰でも遊べるわけではなく年齢制限が定められており、社会的な責任能力や判断力の無い未成年者の登録は禁止されています。
日本の公営ギャンブルも20歳未満による馬券や車券の購入は法律で禁止されていますし、パチンコやパチスロも18歳未満の入場はできません。

当たり前のことですが、ギャンブルというのは安定した収入のある大人の娯楽なのです。
そこで今回の記事では、オンラインカジノの年齢制限と年齢を偽って登録してばれてしまった時のペナルティについて詳しくご紹介していきます。

オンラインカジノの年齢制限

オンラインカジノの年齢制限

オンラインカジノはれっきとしたギャンブルですので、未成年者が遊ぶことはできません。
現時点での日本における未成年者の定義は20歳未満(2022年4月1日から18歳未満)ですが、オンラインカジノは海外を拠点にしているギャンブルです。
つまりオンラインカジノのライセンスを発行している国の法律が適用されるため、若くて18歳以上、中には21歳以上ならないと登録できないオンラインカジノもあります。

ただし18歳以上でも、高校生の利用は禁止されていますのでご注意ください。
オンラインカジノの年齢制限は、新規登録ページ、または利用規約のページにしっかりと明記されていますので、登録する前に必ず確認してください。

年齢を偽って登録したらばれてしまう?

年齢を偽って登録したらばれてしまう?

実際のところ、オンラインカジノへの登録時に年齢を偽ることも可能で、未成年者でもアカウントを開設することができます。
適当な生年月日を入力することで開設可能で、特にオンラインカジノの運営側がその時点で実年齢を確認することはありません。

ただしこれは利用規約違反になりますし、そもそも年齢を偽って登録したとしても、最終的には必ずばれてしまいます。
最も多いのが出金申請時で、オンラインカジノの勝利金を出金する際には、必ず身分証明書の提示が必要不可欠です。

身分証明書として利用できるのは、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど顔写真付きの公的なものに限られ、そこには必ず生年月日が記載されています。
また出金時で無かったとしても、場合によっては抜き打ちで運営側から身分証明書の提示を求められることもあるため、年齢を偽ったところで必ず発覚すること間違いありません。

年齢制限に違反した場合のペナルティ

年齢制限に違反した場合のペナルティ

もし年齢制限に違反してオンラインカジノへ登録をした場合、非常に重たいペナルティが課せられることになります。
まず勝利金の没収で、どれだけオンラインカジノで勝っていたとしても、年齢を偽っていることが分かった時点で、勝利金全額が没収される恐れがあります。

もちろんボーナスも没収されますので、それまで稼いだ分全てが無駄になります。
またオンラインカジノへの入金は基本年齢確認が行われないため、年齢を偽っても入金することは可能です。
非常に理不尽に感じるかもしれませんが、この実際に入金したお金も年齢制限に違反した際には没収となり、ただお金をドブに捨てるようなものです。

さらにアカウントは即時凍結され、場合によっては永久的にアカウントを新規開設することができなくなりますのでご注意ください。
年齢制限に違反したオンラインカジノだけではなく、その系列のオンラインカジノにも登録できなくなります。

年齢制限の無いオンラインカジノはある?

全てのオンラインカジノに年齢制限が課せられており、年齢関係なく登録できるオンラインカジノは存在しません。
しかしそれはライセンスを持つ合法のオンラインカジノに限ったことで、ライセンスを持たない違法オンラインカジノの中には、年齢制限を設けていないところもあります。

特に注意したいのが中華系の違法オンラインカジノで、身分証明書を一切提示することなく、ギャンブルを楽しむことができます。
そんなオンラインカジノへ登録すること自体が違法行為であり、また堂々とイカサマを行っているため、絶対に勝つことはできません。
以上のことから、年齢制限の無い違法オンラインカジノへは絶対に登録してはいけません。

まとめ

今回は、オンラインカジノの年齢制限と年齢を偽って登録して発覚した時のペナルティについて詳しくご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノの年齢制限は所持するライセンスによって異なり、18~21歳以上と定められています。
もし年齢制限を偽って登録したところで、様々なタイミングで身分証明書の提示を求められることから、100%確実にバレてしまいます。

万が一年齢詐称がバレてしまいと、勝利金の没収はもちろんのこと、実際に入金したお金も没収され、二度とアカウントの開設をすることができなくなります。
また年齢制限の無いオンラインカジノもありますが、それはライセンスを持たない違法オンラインカジノであり大変危険です。

日本の法律で罰せられる可能性もありますし、不正行為により大切なお金を奪われてしまう場合もあります。
年齢制限に満たない場合には、オンラインカジノが定める年齢以上になるまで待つか、または「練習モード」「無料モード」などを利用して遊ぶ程度にしておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です