パーレイ法の強化版グランパーレイ法とは?

オンラインカジノ攻略法の一つに「グランパーレイ法」というやり方があります。クランパーレイ法は、システムベットの種類の一つで、攻め重視の手法です。システムベットとは、あらかじめ「このパターンになったらこのようにBETする」というベットの仕方や金額を決めておき、それにしたがってゲームを進めていくという方法です。
それによって勝負がどのように動いていたとしても、ある程度、自分の資金を管理していくことができるのです。最も有名な方法はマーチンゲール法ですが、その対極にあるやり方がパーレイ法です。そしてそのパーレイ法をさらに強化したグランパーレイ法という究極の攻め重視のシステムベットが存在します。今回の記事では、そのグランパーレイ法について解説していきます。

グランパーレイ法の元となるパーレイ法とは

クランパーレイ法は、パーレイ法をさらに強化したものです。ではそもそもパーレイ法とはどのようなシステムベットのでしょうか。
パーレイ法のシステムは単純です。賭けに勝ったら勝った分の配当金をすべてつぎの賭けに回す。これだけです。2倍の配当のゲームでこれを行った場合、単純に連勝すれば賭け金が倍々ゲームで増えていきます。連勝が終わってそれまでの配当金がすべて消えるのが先か、配当金を手にして勝負を降りるのが先か、ギャンブラーの根性試しのポイントになります。パーレイ法のポイントは、たとえ何連勝して賭け金が膨れ上がったとしても、もともと自分が持っていたお金からは初回のベットに使用した分しか金額が減っていないということです。例えば最初に1ドルのベットで賭けを繰り返していたとすれば、もし10連勝して1000ドル以上の賭け金になったとしても、そこで負けたら1000ドルマイナスになるわけではなくて、元の金額からすればたった1ドルのマイナスでしかないということです。


グランパーレイ法とは

このパーレイ法を進化させたのがグランパーレイ法です。しかも、進化させる方向はバランスをとって守りに入るのではなく、もともと攻めがしたいのパーレイ法をさらに攻撃に特化させた形です。具体的には、パーレイ法と同様、勝負に勝ったら配当金を次のゲームに全額費やすのですが、その際にもう1ドルプラスするというやり方です。
つまり、最初に1ドル賭けて勝利した場合、パーレイ法では2ドル賭けになりますが、グランパーレイ法ではそれに1を足して3ドル賭けるということになるのです。こうすることで、少ない連勝でも大きな勝ち金を得ることができます。一般的にはこのグランパーレイ法は3連勝したところで一度そのターンをストップするというのが主流になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。基本的には攻めが主体のパーレイ法ですが、防御してさらに前傾姿勢になり、攻撃に特化した形のシステムベットがグランパーレイ法です。一獲千金を狙ってとにかく攻めた勝負がしたいという場合におすすめの賭け方です。