副業感覚でトライできる。オンラインカジノ

インターネットが普及したことによって、自宅で副業をする人が増えています。アフィリエイトであったり、ネットショップだったり情報商材の販売であったり、様々な人がサラリーマンとして働く傍らでインターネットを使ったビジネスに励んでいます。そんな中で、本来娯楽であるはずのオンラインカジノを副業とみなして楽しんでいる人がいます。ゲームをしてお金が稼げるのであれば、非常に魅力的ですよね。今回はそんなオンラインカジノを副業として捉えるという考え方について説明します。

副業は損をしている人が多い

世の中には様々な副業があります。それらは、ほとんど何らかの初期投資が必要になります。「初期投資ゼロ」ということを売りにしている副業もありますが、なんだかんだでお金は必要になってきます。例えばアフィリエイトを行うのであれば、自分のサイトを持つためのレンタルサーバー代やドメイン代がかかります。
SEO対策をしようと思えば、SEOに特化したテンプレートを購入する必要があります。
利益を上げたいのであれば、情報商材を購入する必要があります。本気になればなるほど、どんどんお金はかかってきます。しかし結局アフィリエイトで月5000円以上稼ぐことができている人は実践者全体の5%程度といわれています。
つまり、不労所得を夢見て初期投資に数万円使った挙句、ほとんど稼げてない人が9割以上なのです。その他の服用に関しても大体同じようなことが言えます。つまり「初期費用にお金がかかり、稼げないままに終わる」ということです。成功できるのは1割もいません。


オンラインカジノは損をしにくい

ではオンラインカジノはどうでしょうか。ギャンブルである以上、確かに初期投資はかかります。これは最初にそのオンラインカジノの口座に入金するお金だと考えられます。そしてそのお金を運用してお金を稼ぐということになります。「ギャンブルなんて副業とは言えない」という方もいるかもしれませんが、前述のように副業は90%以上の人が損をしています。50%の確率で勝てるブラックジャックと比較して、どちらの方が堅実だといえるでしょうか。オンラインカジノは確かにギャンブルです。そして、オンラインカジノというビジネスが成立している時点でプレイヤー側が損をして胴元側が得をしています。しかしそんな中でも、一部のプレイヤーは大勝ちをしています。
その理由は、高いペイアウトにあります。
オンラインカジノは95%を超える非常に高いペイアウトを示しています。これは、プレイヤーがBETしたお金に対して、胴元が得る利益が10%以下ということです。それだけ、プレイヤー側が負けにくいギャンブルになっているということなのです。オンラインカジノを副業だと感じられるのはこの高いペイアウトがあるためです。

まとめ

実際にやってみると、必要な経費ばかりがかかり、利益に繋がりにくい副業ですが、例えばアフィリエイトをする位なのであれば、オンラインカジノをした方が利益を出すことができる可能性は高いでしょう。
何より、コツコツと努力をするというよりも、ゲームを楽しみながらお金を儲けることができる可能性があるという意味で、オンラインカジノはお勧めです。