事前に1日のプレイ時間を決めておく

オンラインカジノは、非常に中毒性のあるゲームです。実際に自分のお金を賭けているという感覚は、他のゲームでは味わうことができません。そして、オンラインカジノは競馬や宝くじなどと違い、時間があればいくらでも出来てしまうという怖さがあります。そのため、オンラインカジノで遊ぶ前に、1日に何分間だけプレイをするであるとか、1日2何時間だけプレイをする、という自分なりのルールを決めておきましょう。

オンラインカジノと他の国営ギャンブルの違い

オンラインカジノの場合、その特性上プレイを続けようと思えば24時間続けることができます。ライブカジノは開催時間が決まっていますが、それ以外のソフトウェアによって運用されているCGゲームは、開催時間を問わずにいつでもプレイすることができます。
逆に日本で認可されている国営ギャンブルは、場所や時間の制限があるため無制限に楽しむことはできません。例えばパチンコやスロットであればお店が開いている時間を過ぎれば遊ぶことはできなくなります。また競馬や競輪、競艇などといったレース系のゲームは、そのレースが開催されている日しかプレイすることができません。そして宝くじは宝くじの販売されている時期に購入するしかできませんので、無制限に楽しむということができないのです。しかし、オンラインカジノは自分で辞めるタイミングを見つけない限り、無限に遊ぶことができてしまいます。


ログインを制限するシステム

オンラインカジノの中には、ユーザーのことを考えて1日にログインできる時間やログインできる回数に制限を設けるシステムを導入しているところがあります。例えば、スマートフォン向けに特化したゲームを提供しているベラジョンカジノは、賭けることができる金額とログインできる時間の制限をあらかじめ決めておくことによって、遊びすぎを防ぐことができます。
ちなみにこのベラジョンカジノはボーナスを受け取る際にも、キャッシュの入っているウォレットとボーナスの入っているウォレットを別々に使うことができるため、実質的にボーナスを受け取らずに遊んでいる時と同じように出金の制限をされずにプレイすることができるので初心者が登録するのにおすすめのカジノです。

まとめ

オンラインカジノは24時間プレイすることが可能で、しかもスマートフォンからのアクセスをすることができます。そのため、時間と場所を選ばないという特性上、ついつい遊びすぎてしまいます。逆に時間や場所の制限がある日本の国営ギャンブルは、自分の意思とは無関係に止めなければいけないタイミングが来るため遊びすぎを防止できるという意味では安全です。もし自分を律することに不安がある方は、ベラジョンカジノなどログイン制限のシステムを導入しているカジノ選ぶと良いでしょう。